女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

もしかして妊娠?着床したとき、妊娠超初期、生理前の基礎体温の違いは?

投稿日:

妊娠初期

基礎体温の変化は妊娠兆候としてあらわれる重要なサインの一つ。妊娠をすると高温期が続くといいますが、具体的にどれくらい続いたら妊娠の可能性が高くなるのでしょう。妊娠したときの基礎体温についてまとめました。また、妊娠初期でも体温が下がることってあるのでしょうか?

妊娠したときの基礎体温とは?

基礎体温をはかる理由は様々。妊娠しやすいタイミングを知るために基礎体温を測っている人も多いはずです。妊娠を心待ちにしながら基礎体温をつけている場合、とくに生理予定日近辺の検温はドキドキしますよね。

妊娠した場合、一般的に基礎体温にはどのような変化があらわれるのでしょうか。まず、目安になるのが熱が高い状態が続くということです。

基礎体温グラフで高温期が2週間以上続くと、妊娠の可能性があると考えられます。

出典:育ラボ

基礎体温は健康な女性の場合は高温期と低温期の2つがあるのが特徴。排卵日をさかえに、熱が高くなる高温期に入りからだは妊娠のための準備を始めます。

しかし、妊娠が成立しなかった場合は生理とともに基礎体温が下がるのが一般的。高温期が長く続いているというのは、「妊娠が成立しているかもしれない」というサインということになります。

重要なのは、どれくらい体温が上がったかということではなく、高温期が続く期間です。

出典:妊娠育児の情報マガジン ココマガ

基礎体温の変化で妊娠を見極めるポイントは、高温期がどれくらい続くかということになります。一般的な生理周期の人であれば、2週間(14日)以上続いた段階で「あれ?」と可能性を疑い、18日以上続いたら検査薬でチェックしてみるといいと言われています。

妊娠すると基礎体温が高い状態が続く理由は?

妊娠した時と生理前の基礎体温の違いは、妊娠時には高温期が長くなるという、「高温期」の長さということがわかりました。で妊娠すると高温期が長く続くのはなぜなのでしょうか。

妊娠した場合、基礎体温は高温期が続きます。これは、体温を上げる働きがある「黄体ホルモン」が分泌されているためです。

出典:ママリ

排卵後から多く分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)には、体温を高くする働きがあるといわれています。それは、からだを温かくして受精卵を育てるため。ですから、妊娠しなかった場合は受精卵を育てる必要もなくなり、通常2週間程度で黄体ホルモンの分泌量は減っていくといわれています。

しかし、妊娠していた場合は、受精卵を育てなければいけません。妊娠した場合は、妊娠を継続するために黄体ホルモンが分泌され続け、高温期が続きます。

一般的な基礎体温の人は卵子が子宮内膜に着床して妊娠した状態になると、黄体ホルモンが分泌され続けるので、生理前に高体温になったと思われる基礎体温が、そのまま高体温を保ち続け下がりません。

出典:妊娠育児の情報マガジン ココマガ

妊娠していても基礎体温が落ちることってあるの?

基礎体温が下がった場合でも妊娠していることはあるのでしょうか。実際、筆者のまわりでも「基礎体温が下がったから生理が来ると思っていたら生理にならず、妊娠していた」という話は珍しくありません。基礎体温が一時的に降下しても、生理が遅れている場合は妊娠している可能性もあるのです。

基本的には妊娠すると体温の高温期がずっと続くとされていますが、卵子が着床する時期に一度ガクンと下がるという現象がみられる場合があります。

出典:妊娠育児の情報マガジン ココマガ

着床時にも基礎体温に変化が見られると言われています。このようにん、着床時に基礎体温が下がる現象のことを「インプランテーションディップ」と呼ぶそう。

インプランテーションディップとは、排卵の数日後から始まる高温期のなかで一時的に基礎体温が低下する現象を指します。基礎体温が下がるのは着床が起こったタイミングだといわれ、妊娠兆候の1つだと考えられています。

出典:こそだてハック

インプランテーションディップが起こる原因はまだはっきり分かっていないそう。一時的に体温が下がり、また高温期が続く…。かつ、生理がこないという場合は妊娠の可能性があるということです。

また、高温期も妊娠期間中ずっと続くわけではありません。あくまで基礎体温が高い状態が続くのは初期症状。妊娠がある程度落ち着いたら体温はもとに戻るようです。

胎盤が出来始める妊娠13週頃に、卵巣からの妊娠維持ホルモンから、胎盤からの妊娠維持ホルモンに切り替わるために基礎体温が下がり始めます。

出典:育ラボ

また、基礎体温には個人差がありますので、高温期が続く期間や通常の体温に戻るタイミングなどは目安と理解しておいてくださいね。
※ちなみに妊娠期間中ずっとつわりを引きずった筆者は、基礎体温も妊娠期間中ずーっと、高温期のように37度に近い状態が続きました(平熱36度)。

妊娠 基礎体温 まとめ

基礎体温は妊娠兆候を知るのにとても有益な手段です。毎日基礎体温をつけている人であれば、高温期が続く期間によって妊娠の可能性を知ることができるでしょう。

また、基礎体温をつけていない人でも、からだが火照るような期間が長く続いて一向に生理が来ないというのは、一つの目安です。妊娠した場合の基礎体温が高温期よりもさらにもう一段上がるという人もいます。

基礎体温が生理前でも全く下がらない、いつもよりさらに上がったという人は妊娠の可能性を検討してみましょう。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.