女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

生理

生理中に体重が増えるのはなぜ?生理中の体重増加、許容範囲はどのくらい?

投稿日:

体重増加

生理前や生理中に体重が増えてしまうという経験、女性ならきっと誰しも思い当たりますよね。どうやら生理前や生理中の体重増加は生理現象ともいえる仕方がないことでもあるよう。

今回は体重が増えてしまう理由と、体重増加を抑えるための対策を紹介します。増加の許容範囲も知っておきましょう。

生理前や生理中に太るのはなぜ?

生理前になると体重件に乗るのが憂鬱になる人、いませんか?筆者は憂鬱になります。

生理前や生理中に体重が増えるのは、どうやらほとんどの女性が経験する「女性のからだのしくみ」の一つのよう。この背景には、生理周期をつかさどるホルモンバランスの影響があるようです。

生理前から生理中になると、黄体ホルモンの分泌が増加して、生理前の身体の代謝を下げて、栄養分をため込めやすい状態にします。この時期は、身体が妊娠しやすい状態へとシフトする時期で、心身ともに不安定になりやすいと言われています。

出典:生理快適Labo

排卵日が過ぎると、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えていきます。この黄体ホルモンの影響で、体重増加も引き起こされているようです。

黄体ホルモンの分泌が増えると、出血などによる栄養不足を補うために身体は栄養を補充しようと働いたり、細胞に水分・塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせ蓄えようとする性質があるため、生理前は体重が増えたり、体が重く感じたり、むくみ、便秘、肌アレの症状が出る人が多いようです。

出典:AllAbout

つまり、生理前や生理中に体重が増えているのは正常な状態。からだがわざと水分・塩分を溜め込んでいる状態なのです。

ただ、一つ注意をしたいのが食欲。黄体ホルモンが引き起こすPMSで食欲が増加する人も多くいます。ダイエット中の人はこの時期の過食には注意を払う必要がありそうです。

生理前の体重増加、許容範囲は?

生理前や生理中の体重増加は、ホルモンの影響で一時的に水分量が増えるためであることがわかりました。では、どのくらいの体重増加は「許容範囲」と言えるのでしょう。

生理前の体重増加。どこまでなら許容範囲なのか気になるところですが、1~3キロ以内ならば正常範囲なので、それほど気にすることはありません。

出典:生理快適Labo

生理前や生理中になるとからだがむくみやすくなり、顔やふくらはぎばパンパンになるなどに心あたりはありませんか?その理由がまさに「からだが水分を溜め込んでいるから」。

水分量の増加であれば、生理が終わると自然に排出されていきますのでそんなに心配する必要はないのです。ちなみにこの時期の水分量の増加は2000mlほどといわれているそうですよ。

生理前の体重増加を最小限に抑えるために

生理前、生理中で仕方がないとはいえ、ダイエット中の体重増加は結構傷つきますよね。生理前・生理中でも体重の増加を最小限に抑えるためのポイントを紹介します。

1)食べ方に気をつける

生理前になると「むしょうに甘いものが食べたくなる」という人や「お腹がすいて仕方ない」という人もいるはず。その原因も黄体ホルモンが血糖値を下げ、その血糖値を安定させようとするために養分を欲しているものだとされています。

ですから、食べたい気持ちは仕方ない!少量ずつをこまめに食べるなど、食べ方に気を配り、常に満腹感をもたせておくと過食を抑えられるでしょう。

2)ストレッチ

生理前・生理中はからだに水分がたまりやすくむくみやすい時期です。ですから、なるべく血流をよくして老廃物を排出することを意識するのは大切。ストレッチやマッサージがおすすめです。

生理前や生理中は減らすことより、なるべく増やさないことが大切です。ホルモンバランスの乱れにより、イライラしやすくもなる時期ですが体重の増減にあまり神経質になりすぎない姿勢もポイントになります。

生理中の体重増加の原因と対策 まとめ

生理中に体重計に乗ったら増えていてショック…。でもその増加分のほとんどは水分だったのです。

女性は生理前や生理中にからだの自然な働きで水分が溜め込まれます。食欲が増進する時期でもありますので、過食にさえ気を配れば、生理後余計な水分が体外に排出されることで自然と体重は落ちるはず。

この時期の対策としては、ストレッチやマッサージで血流を良くすることを心がけましょう。

レスポンシブル

A8

-生理

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.