女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

生理

「生理中はやせにくい」は本当?生理中のダイエットの効果はいかに?

投稿日:

ダイエット

「生理中のダイエットは頑張っても効果がない」「生理前〜生理中はやせにくい」というウワサ、ダイエットをしている女性ならきっと耳にしたことがあるはず。

この「生理中はやせにくい」は本当なのでしょうか。生理中にダイエットが効果的でないとされる理由と、ダイエットに励む人の生理中のおすすめの過ごし方を紹介します。

生理中のダイエットはしないほうがいい?

「ダイエットしていたのに、生理がきて体重が戻ってしまった」というイライラ、経験したことがありませんか?

日頃から食生活に気を配ったり、体重計でこまめにチェックしたりと痩せる努力をしていたのに、生理が近づいて台無し…。生理前〜生理中に気持ちがめげてしまってダイエットがうまくいかない…。こんな失敗、きっとだれにも一度はあるものと思います。

すでに多くの女性がご存知と思いますが、生理とダイエットは密接に関係しています。「生理中はやせにくい」は正しい口コミ。ダイエットを成功させるには、生理周期とうまく付き合う必要があるのです。

生理日と排卵日、これを境に分泌される女性ホルモンがまったく変わるので、エネルギー代謝(消費するカロリー)や水分代謝(むくみの状態)が変わります。 簡単に言うと、生理の周期によって、ダイエットに最適なタイミングと、あまりしないほうがいいタイミングがあるのです。

出典:闘え!ダイエット方法

生理前〜生理中がダイエットに向かない理由

生理前はひどく眠くなったり、からだが怠くなったり、一方で食欲が爆増してダイエットがしにくくなる時期。「いつもこの時期にめげてしまう」という人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、生理前〜生理中はからだが自然と水分を蓄え、重くなってしまう時期なのです。

生理前の1週間~生理中は、ホルモンのバランスの関係で、新陳代謝が悪くなって、体が水分を溜め込もうとする傾向にあります。その結果、むくみが起こりやすくなったり、脂肪が落ちにくくなったりします。

出典:ダイエットピンキー 

<生理〜生理前の女性のからだの特徴>

  • 食欲が増える
  • からだが重く動くのが億劫
  • ストレスを感じやすい
  • 水分を溜め込みやすく、むくみやすい

また、生理中は貧血になりやすい時期でもあります。こうしてみると、生理前〜生理中がダイエットに向かない理由も納得できるはず。これらはほとんど「プロゲステロン」という女性ホルモンが影響しています。

プロゲステロンの分泌量が増えると、代謝が悪くなり、身体が溜め込みモードになります。体内の水分、塩分を蓄えて脂肪の代謝を遅らせようとするのです。

出典:cookpadニュース

「プロゲステロン」は、妊娠準備のためにからだに栄養をためこませようとする働きのある「太らせホルモン」

ですから、このホルモンの影響下で痩せようともがいてもなかなかうまくいかないのです。むくみ、便秘などにより、毎月この時期だけ1〜3キロ体重が増えてしまうという人もいるほどです。

ダイエットのために生理前や生理中にすべきこと

では、生理中に効果的なダイエットは何かあるのでしょうか。生理が近づくと太りやすい体質になるのを理解した上で、効果的に持続できるダイエットについて考えてみました。3つのポイントを紹介します。

1)運動よりも食事に気をつける

生理前や生理中は気持ちもからだも重くなってしまいます。ですから、この時期に無理にハードな運動を取り入れようとするのはかえってストレスになりがち。代謝が低く、脂肪を燃やしにくい時期といえますのであまりストレスにならない程度に自分を甘やかすのも大切です。

一方でこの時期は食欲が増進する時期でもあるのですが、気を付けたいのは食事内容。甘い物や淡水貨物を欲しがちですが、すぐに脂肪蓄積されやすいことを考えてなるべく抑えましょう。生理前や生理中に余計な脂肪や水分の蓄えを減らすことで、生理後の体重が大きく変わるはずです。

2)豆乳を飲むと痩せる!?

月経1週間前ほどから、毎朝豆乳を飲むことで月経後のヤセ期の効果を高くできることがわかっています。激減するエストロゲンは、豆乳を飲むことでその役割を補うことができるのです。

出典:月刊アメーバニュース

生理前や生理中は食事内容が大切ということを前述しました。積極的に摂取したいものとして豆乳の効果に期待する人が多いようです。

その理由は、豆乳が美人ホルモンと言われるエストロゲンと似た働きの大豆イソフラボンを豊富に含むから。

プロゲステロンの強い影響によるイライラや暴飲暴食を抑えるのに有効に働くのです。実際筆者も生理が近づくと豆乳を飲むのが習慣になっています。

3)排出がキーワード

生理中がダイエットに向かないのは水分や栄養を溜め込みやすい時期だから。もちろん、老廃物もたまってしまいます。ですからこの時期に気にかけたいのは、排出しやすいからだをつくること。

食物繊維が豊富な食事を心がけたり、運動ならジョギングよりもストレッチやヨガに熱心になるのがおすすめです。とくにヨガは、呼吸法から脂肪燃焼率を上げる効果も期待できるそう。

必要以上に負担をかけてしまうより、ゆったりリラックスしながら出来るヨガで、体調を整えてあげるようにしましょう。全く運動をしないよりは、ゆっくりとした呼吸法と動きを継続することによって、脂肪の燃焼効果が期待できます。

出典:welq

生理中のダイエットは無理しない!

ダイエットを成功させるには、生理周期との付き合い方が重要。生理前や生理中は、女性のからだの性質から「体重が減りにくい時期」と知っておくのも大切なことです。そのデメリットを理解した上でできることだってあるはず。本気でやせたいと願うなら生理前や生理中の過ごし方がポイントになってきますからね。

毎日ハードな食事制限やランニングを続けることだけがダイエットではありません。生理前や生理中のダイエット法を自分なりに模索して、「きれいに痩せる」を目指しましょう。

レスポンシブル

A8

-生理

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.