女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

子宮外妊娠はどうして起こるの?子宮外妊娠の原因と兆候は?

投稿日:

不妊治療

子宮外妊娠は誰にでもおこりうる異常妊娠の一つ。妊娠の1%を占めるといわれています。

子宮外妊娠はどのような原因で起こってしまうのでしょうか?また、子宮外妊娠の症状や治療法は?子宮外妊娠について、知っておきたいことをまとめました。

子宮外妊娠とは?

子宮外妊娠は通常とは違う場所(子宮の外)に受精卵が着床して、発育を始めることです。 子宮外とは「正常な子宮内腔以外」の意味で、子宮頚部や子宮から卵管に移行するぎりぎりのところに着床をしたものも子宮外妊娠とよんでいます。

出典:産婦人科の基礎知識

子宮外妊娠は、子宮に着床するはずの受精卵がなんらかの原因で子宮以外の場所に着床して妊娠が成立してしまう異所性妊娠です。子宮外妊娠のほとんどのケースが卵管内に着床するケースといわれていますが、卵巣や子宮頚管(しきゅうけいかん)、腹腔内(ふくくうない)に着床することもあります。

子宮外妊娠のほとんどは、着床しても胎盤の形成がうまくいかずに流産してしまいます。しかし、ごくまれに腹腔内に着床し順調に育ったというケースもあります。

子宮外妊娠の原因は?

子宮外妊娠はどうして起こるのでしょうか。子宮外妊娠の90%以上が卵管に着床します。卵管に着床してしまう原因は以下のように考えられています。

卵管の癒着や狭窄

卵管妊娠では以前受けた開腹手術やクラミジアや一般細菌などの感染症などによる卵管の癒着や狭窄が原因として考えられます。

出典:産婦人科の基礎知識

受精は子宮内ではなく、卵管(卵管膨大部)で行われますが、卵管に癒着などがあると受精卵が子宮まで運ばれず、卵管に着床をしてしまうのです。

子宮外妊娠の原因のほとんどが腹部の炎症といわれており、「卵管炎」にはとくに注意が必要です。

卵管炎とは、卵管が炎症を起こし、時として腫れ上がったりしているため、子宮に運ばれるはずの受精卵が上手く通過できずに、そこで着床してしまいます。

出典:ココマガ

卵管の炎症はクラミジアなどの性感染症が原因して起こることが多いと言われています。他にも腹部に炎症があったり、手術経験があったりするのも子宮外妊娠の原因になります。虫垂炎、人工妊娠中絶、子宮外妊娠などの経験も、子宮外妊娠の原因の一つとして考えられています。

体外受精のケース

不妊治療の一環で体外受精を行なった場合も子宮外妊娠(とくに子宮頚管妊娠)の発生の可能性が高くなっているといわれています。

体外受精後では自然妊娠と比較して子宮頸管妊娠の率が高くなっています。 胚移植の際に子宮の奥のほうに胚を戻しますが、着床はしたものの、その場所が子宮の出口ちかくにずれてしまうと頸管妊娠となります。

出典:産婦人科の基礎知識

子宮外妊娠の兆候は?

子宮外妊娠の場合、どんな症状がでるのでしょうか。

1)検査薬は陽性なのに胎嚢が見えない

まず、子宮外妊娠でも妊娠ですので、検査薬は陽性反応を示します。検査薬が反応を示す頃は、子宮外妊娠と普通の妊娠の区別がつきにくい時期。しかし、エコー検査をしてみると子宮内に胎嚢が見えませんので、子宮外で妊娠している可能性があると疑い始めます。

2)下腹部の痛み

子宮外妊娠の場合、痛みの程度に差はあれど9割の人が下腹部の痛みを訴えています。また、はじめは弱い痛みでも受精卵が育つにつれて強い痛みに変わり、ショック状態&開腹しての緊急手術が行われることもあります。

はじめは軽い下腹部痛程度ですが、子宮外に着床した受精卵が育つに従い、強い痛みに変わります。卵管破裂が起きてしまった場合、腹腔内で大量出血し、血液がお腹の中に溜まりますので、突然の激しい腹痛とともにショック症状を起こすこともあります。

出典:こそだてハック

3)出血やピンクのおりもの

不正性器出血もあり、それが丁度次の月経予定日ころにあると、通常通りに月経がきたように見えることもあります。

出典:産婦人科の基礎知識

子宮外妊娠で少量の出血やピンク色のおりものがあらわれることがあります。ちょうど生理の時期と重なることが多いので、妊娠していると思っていない人はとくに生理と勘違いし、子宮外妊娠の発見が遅れてしまうケースもあります。

子宮外妊娠の治療法や対策は?

子宮外妊娠の治療は、「手術」か「薬物」、また手術をする場合は「卵管を除去するかしないか」という選択になります。子宮外妊娠は早期発見が大切。早期発見の場合は、卵管の機能を温存したままの治療を行うことが可能になっています。

まとめ

子宮外妊娠は予防が困難で、誰にでも起こりうる妊娠トラブルです。妊娠初期はからだにさまざまな変化が起こり、判断しにくい時期かもしれませんが、下腹部の強い痛みなど違和感を感じることがあれば、医師に相談をしましょう。

予防ができないからこそ、早期発見が大切。原因や症状など、最低限の知識を備えておくことも重要ですよ。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.