女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

基礎体温の高温期について詳しく知りたい!高温期の体温はどれくらい?高温期に体温が下がることってあるの?その他高温期の症状は?

投稿日:

基礎体温

基礎体温を測っている人は高温期に敏感になりがちなもの。さまざまなからだの変化が起きるタイミングでもありますので、気になりますよね。

高温期の基礎体温はどのくらいか、高温期に基礎体温が下がることもあるのか、体温が高温期上がりにくい、高温期にお腹が痛くなることもあるのか…。高温期と妊娠の関係など、高温期についてまとめます。

高温期の体温はどれくらい?

高温期は、基礎体温計で測定して36.7度以上くらいが目安だといわれます。しかし、元々の基礎体温が高い人もいれば低い人もいるので一概には言えません。

出典:こそだてハック

健康な女性の基礎体温には、低温期と高温期の2つがあります。この2つのホルモンバランスの変動で女性のからだは周期的に変化を繰り返します。ですから基礎体温を何周期もつけていると、自分の低温期の基礎体温、高温期の基礎体温というものがつかめてくるでしょう。

高温期の体温は何度以上でなければいけないという明確な基準はありませんが、以下の2点が基準となることが多いようです。

・基礎体温計で測定して36.7度以上くらい
・低温期の平均から約0.3~0.5度上がっている

高温期が何度ということよりも、低温期と高温期の2つがあり、低温期と高温期にしっかりと差があることが重要。逆に低温期にも何度以下でなければならないとう基準はなく、「高温期との差が何度か」ということがその人の低温期の基礎体温の判断基準となります。

高温期の期間はどれくらい?

基礎体温の高温期と低温期は交互に訪れるということをお話ししました。では、高温期の期間というのは通常どれくらいなのでしょうか。

高温期は排卵日を過ぎてから生理開始までの期間。体温を上げる働きをもち、高温期をもたらしている黄体ホルモンの寿命がかなり正確なので、それほど大きな個人差はないものと言われています。

黄体の寿命はかなり正確で14±2日であるといわれます。

出典:基礎体温を知る

基礎体温の高温期は、妊娠が成立した場合のみ黄体ホルモンが分泌され続けるために長くなります。生理予定日を過ぎても高温期が続いている場合、つまり高温期が14日間以上続くときは妊娠している可能性が高いといえるのです。

高温期に体温が下がることもあるの?

高温期の長さについては個人差がありつつも14日前後ということをお話ししました。しかし、中には約2週間続くはずの高温期の期間に体温が突然下がってしまう人や、高温期のはずなのに体温が安定しない人もいます。高温期なのに体温が下がるというのは何が原因なのでしょう。

高温期が安定せず、期間の途中で体温が下がる日がある場合、高温期の日数が短いケースと同じで黄体機能不全が疑われます。

出典:妊娠・排卵、そして…良い卵子ってなぁに?

高温期があるというのは、しっかり排卵されていて、妊娠の準備にからだが入ることができるという「妊娠できるからだ」のサイン。しかし、高温期に体温が急に下がってしまったり、そもそも高温期がないというような場合は、からだが体温を上げたり保ったりする力が弱い「黄体機能不全」が疑われるということになります。

黄体機能不全とは…

黄体ホルモンの分泌量が少ないということです。子宮内膜が厚くなりにくく、受精卵の着床率も低下します。

出典:妊娠・排卵、そして…良い卵子ってなぁに?

基礎体温をつけていて、高温期が低温期に比べて極端に少ない人(10日以下の場合は注意)は要注意。同じように、低温期と高温期の差が0.3度もなく高温期かどうかわからないという人も早めに病院でホルモン検査などを受けてみるといいと思います。

高温期にいつもと違う下腹部の痛みがある場合

基礎体温の高温期にあたる生理前の期間はからだも心も少々不安定になりやすい時期。PMSの症状が出るのも高温期。生理前の高温期に下腹部が痛くなる人も多いはずです。

しかし、「なんだかいつもと違う…」という高温期の下腹部痛を体験している人はいませんか?もしかしたら、妊娠初期症状にある「下腹部痛」かもしれません。

妊娠超初期症状としての下腹部痛は、生理前の下腹部痛と比べると、『いつもより重い鈍痛』『下腹部全体の痛み』『腰痛もある』など、いつもより痛み度合が大きくでる方が多いようです。

出典:育ラボ

いつもの生理前(高温期)とは違う下腹部痛を感じ、妊娠の予感がしたというのはよくあります。基礎体温がそのまま高温期のまま続くようであれば、検査薬で一度調べてみるといいでしょう。

高温期について詳しく知りたい まとめ

基礎体温を測っていて、高温期も安定しているというのはホルモンバランスもよく、女性のからだが健康である証拠。逆に、高温期が短かったり、急に体温が下がることがあったり、または高温期がないというのは少し心配です。

高温期は生理前にあたり、気持ちもからだも揺らぎやすい時期ではありますが、女性が妊娠をするために重要な期間。気になる症状や不安定さが見られたら、一度産婦人科で相談し、ホルモン検査を受けることをおすすめします。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.