女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

生理

生理中の温泉は避けたほうがいいの?生理中に温泉に入らない方がいい理由とどうしても入りたいときの対策は?

投稿日:

温泉

温泉旅行と生理がかぶってしまう!という状況、あなたならどうしますか?なるべくなら、生理のない状態で気持ち良く湯に浸かりたいものですが、それでも生理と温泉が重なってしまうこともありますよね。

そもそも生理中は温泉に入ってはいけないのでしょうか?また、生理と温泉がかぶらないようにするために、生理を遅らせることはできるのでしょうか?

生理中に温泉に入らない方がいい3つの理由

生理と温泉が重なってしまったとき、多くの人は温泉に入るのを諦めるでしょう。温泉に入れないのは残念だけど、自分のからだと周りの人のことを考えたらおそらくそれがベター。それは主に以下のような理由があります。

1)生理中は性感染症にかかりやすい

まず、一番の理由が生理中はからだの抵抗力が普段よりも落ち、ナイーブになっているということ。多くの人が生理痛やからだのだるさ、眠気などに悩まされるように、生理期間は女性のからだがデリケートになっている時期でもあります。

多くの人が利用する温泉は、菌が決して少ない場所ではありません。ですから、温泉に入ることで感染症にかかってしまう可能性も。残念ではありますが、自分のからだを大切にするためにも、生理中に温泉に入るのは控えるのがベターです。

2)経血の混じったお湯は衛生的によくない

生理中に温泉に入る場合、湯船に浸かっているときは水圧の関係から経血も外に出にくくなっていますが、立ち上がるときなどに出てしまうことは多々。女性の経血には、体外に排出すべき菌が多く混ざっていますので、経血の混ざった湯は清潔な状態とは言い難いものです。

3)多くの人が非常識だと考えている

生理中に温泉に入るのは、多くの人が非常識だと考えているでしょう。温泉は多くの人が利用する、公共の場です。生理だから仕方がないとはいえ、他人の血を見るというのは気分がいいものではありません。

「まったく構わない」という人もチラホラいますが、約8割の女性が生理中の温泉を非常識と捉えているというデータもありますので、他の利用者のことを考え、控えるのがベターでしょう。

生理中の温泉はタンポンが最終手段

温泉は疲労回復や美肌効果など、からだにうれしい効能があるもの。生理中だけど、どうしても入りたいという気持ちもわからなくはありません。そんなときはタンポンを使うなどしてしっかりケアするのがせめてものマナーでしょう。

タンポンをきちんと使用すれば、不快な思いをせず(させず)温泉に入れているようですよ。

社員旅行に生理が重なり、友人の勧めでタンポンに初めてチャレンジしました。大好きな温泉に入れて満足でした。 子どもと一緒にお風呂に入るとき、生理でも気になりません。

出典:ユニチャーム

会社の旅行が重なり、温泉を我慢しようかと思ったのですがせっかくなので、タンポンを使いました。普段同期のみんなとお風呂に入ることはないので、みんなで楽しめました。

出典:ユニチャーム

生理と温泉を被らせないために、生理を遅らせる方法は?

温泉などの予定は前もって決まっていることが多いですよね。それなら、生理の予定をズラすことができれば、生理と温泉が重なってしまったとモヤモヤする必要もありません。生理を遅らせる方法は、ピルの服用や大豆製品に頼るなどの方法が取られることが多くあります。

休暇の予定なんとかしたい!生理を遅らせたいときに知っておきたい3つの方法
大切な予定が生理と重なってしまうことは少なくありません。生理中は女性にとって、精神的にも肉体的にもベストな状態とはいえないも...

生理と温泉の予定がかぶってしまったら まとめ

月に1回やってくる生理と温泉や旅行などの予定がかぶってしまうことはめずらしくありません。温泉と生理がかぶってしまうと分かったら、生理をずらすことを考えてみるのも手、タンポンでしっかりケアをして湯船に浸かることを考えてみるのも手です。

ただ、生理中はからだがデリケートな期間。感染症の危険なども考えて、なるべくなら温泉以外のことを思いっきり楽しむことを考えてみるといいと思いますよ。

レスポンシブル

A8

-生理
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.