女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

基礎体温が低いと妊娠しにくいは本当?平均的な女性の基礎体温は?

投稿日:

低体温

基礎体温が低いと妊娠しにくいというウワサを耳にしたことがありますか?基礎体温は、妊娠を望む人のみではなく自分のからだの調子を知るための手段としても有効なセルフチェック。

ところで基礎体温が低いとは、体温がどれくらいの場合のことを指すのでしょう。さらに、基礎体温が低くなってしまう原因と基礎体温向上のためのポイントなどをまとめました。

基礎体温が低いとは?

基礎体温をつけたことがありますか?基礎体温を毎日測り、記録しておくことで、女性は自分のからだの調子を知ることができます。また、基礎体温の変化から、生理周期やホルモンバランスなど女性ならではのリズムを知ることもできます。

女性の体温は、病気や重いストレスがあるときなどを除けば、ほぼ0.3~0.5度の間で周期的に変化しています。

出典:OMRON女性カラダの基礎知識

基礎体温が2層になっていて、高低差が0.3度以上あれば正常に排卵が行われているといわれています。一方で、基礎体温が「低い」とは、どのような状態なのでしょう。

目安として、基礎体温が35.5度以下の人は低体温と言えます。

出典:ママリ

女性の基礎体温は黄体ホルモンの影響で上昇します。その高温期に入る前の体温が35.5度以下の場合、「低体温」「基礎体温が低い」ということになります。

基礎体温が低いと妊娠しにくい?

「基礎体温が低い人は妊娠しにくい」といわれることがあります。しかし、最近では、「平熱が36度以下」という人が多いですよね。ですから、「35.5度でも何ともないのでは?」と考える人も多いでしょう。

基礎体温が低いことは、本当に妊娠しにくい身体をつくってしまうのでしょうか。また、基礎体温が低いことで身体にどんな影響があるのでしょう。

・体温が1度下がるだけで、体の免疫能力は37%も落ちる。
・体温が1度上がるだけで、体の免疫能力は5〜6倍になる。

出典:utuyoのハテナノート 

基礎体温が低い女性はそうでない方に比べ、妊娠できる可能性が低いようです。しかし、完全に妊娠できないというわけではありません。

出典:ママリ

体温が低いと風邪をひきやすいといわれるのは、からだの免疫力が低くなってしまっているから。一方で、風邪をひいて熱が出るというのは、からだがウイルスと戦うために免疫能力をあげているからということになりますね。

基礎体温が低い場合、妊娠についても影響があります。その原因は「血行」にあるようです。

血行不良により卵子の質が低下したり、低体温のために正確に高温期が分からなかったりすると、妊娠率が下がります。

出典:こそだてハック

血液は酸素や栄養を運ぶもの。からだが冷えて血液の流れが悪くなってしまうことで、血液にのって運ばれるはずだった酸素や栄養がからだに十分に行き渡らなくなってしまいます。

そうすることで、元気な卵子が育たず、妊娠しにくくなってしまうことや、排卵障害から生理不順等のトラブルが起きてしまうこともあるようです。

基礎体温を上げるために今日からできること

妊娠しにくいからだをつくってしまう基礎体温の低さ。基礎体温が低い人のために、基礎体温を上げるために今日からできること5︎つを紹介します。

1.運動をする

低体温の原因として考えられる可能性でかなりの割合を占めていると言われているのが、筋肉量の低下(運動不足)です。筋肉量が低下することで、基礎代謝の低下につながります。

出典:utuyoのハテナノート

運動をすることによって、直接的にからだの体温もあがりますが、ポイントは筋肉量。基礎体温を上げるためには、からだの中から体温があがりやすい仕組みを作らなければいけません。

筋肉は熱を生み出すために大切な要素。適度な運動を生活の中に取り入れて、熱を生み出しやすい体質をつくりましょう。

2.食生活を見直す

基礎体温の低さ対策に、食生活を見直すこともおすすめです。とくに最近では朝ごはんを抜く人が増えています。朝しっかり炭水化物を食べることでからだはエネルギーを生み出します。

ダイエットのためにと食事制限を繰り返していると、低体温化が進み、痩せにくい体質をつくってしまうこともあります。1日3食、バランスよく食べることを心がけましょう。

3.睡眠をしっかりとる

睡眠不足や睡眠リズムの乱れは、人間の正常な自律神経のバランスを崩すことに繋がる可能性があるので、それによってうまく体温調整ができなくなることにも繋がる原因と考えられます。

出典:utuyoのハテナノート 

夜しっかり眠って、朝日を浴びるがベストなリズム。からだの機能を正常にするためにも、生活を整えることが重要です。

4.姿勢を良くする

姿勢が悪いと肩が凝ったり、腰を痛めたり、これは血行不良が原因しているという話をよく耳にします。つまり、姿勢をよくすることで血液の流れはある程度改善できるということ。血行をよくすれば、体温を上げやすくできます。

5.ストレスを溜めない

自律神経の乱れも基礎体温の低下に大きく関わっています。運動や読書、映画鑑賞など自分なりのストレス解消法を見つけて、イライラや不安感を吐き出し、ストレスフリーな生活ができるように心がけてくださいね。

出典:こそだてハック

ストレスを溜め込んでしまうことも低体温を招いてしまう原因の一つ。あたたかいものを飲んでほっと一息つくなど、からだを温めながらリラックスできる方法を見つけられたらいいですね。

基礎体温の低さと妊娠 まとめ

基礎体温が低い「低体温」の症状は、妊娠しづらいからだをつくってしまうだけでなく、風邪をひきやすくなったり、美容面でもマイナスのことが多々。そして、低体温の原因は生活習慣であることが多いことも分かったはずです。

美容や健康、そして元気な赤ちゃんの誕生を望むのなら、からだを中から温めるための生活改善に取り組んでみてください。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.