女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

排卵日から計算して産み分け?「男のコがほしい」「女のコがほしい」に近づく産み分け方法とは?

投稿日:

男の子女の子

排卵日から計算して計画的に子づくりを行うことで、男女の産み分けができる可能性があることを知っていましたか?もちろん、男のコであっても女のコであっても自分の子どもが可愛いことは言うまでもありません。

しかし、可能なら男のコ、女のコ…と希望する夫婦も少なくないですよね。今回は、赤ちゃんの性別の決まり方、産み分けにチャレンジする際のタイミングやポイントなどを紹介します。

赤ちゃんの性別はどのように決まるの?

子供の性別は、精子によって決まります。そのため、産み分けの基本は、精子をコントロールすることにあります。

出典:Taking a STAMD

産まれてくる赤ちゃんが男のコか女のコか、性別を決めるのは、染色体の組み合わせによって決まります。「学校で習った」とふと思い出す人もいると思いますが、人間の染色体の数は46本。そのうち2本が性別を決定づける「性染色体」といわれるものです。この組み合わせがXXなら女、XYなら男と決まっています。

精子はX染色体かY染色体という細胞を持っており、一方卵子はX染色体のみを持っています。X染色体の精子が卵子と結合すると、XX染色体となって女の子が生まれ、Y染色体を持つ精子が卵子と結合すると、XY染色体となって男の子が生まれるのです。

出典:こそだてハック

つまり、男女の性別を決定付けるのは卵子に出会う精子の染色体。X染色体を持つ卵子に出会った精子がX染色体の場合は女のコが、Y染色体をもった精子の場合は男のコという具合に性別は決まるのです。

排卵日が産み分けに影響する理由

男のコか、女のコか、性別を決定付ける要素が精子の染色体ということをここまでにお話しました。さて、それぞれの染色体を持つ精子には特徴があります。

産み分けのために、次に知っておいてほしいのが、以下のリストにある精子の特徴です。

X精子の特徴(X染色体で女の子になる)
・酸性に強くアルカリ性に弱い
・寿命が2~3日と長い
・Y染色体よりも数が少ない
・動きが遅い

Y精子の特徴(Y染色体で男の子になる)
・アルカリ性に強く酸性に弱い
・寿命が1日だけ
・数がX染色体の約2倍
・動きが早い

出典:こそだてハック

上記の通り、女のコが生まれるX染色体と男のコが生まれるY染色体とでは、活動的になれる環境が異なります。

つまり、女性の膣内が酸性の状態かアルカリ性の状態が、産み分けに大きく影響するのです。

では、女性の膣内が酸性かアルカリ性かというのは、どのように決まるのでしょう。

1.普段の女性の膣内は「酸性」

普段の膣内は外からの雑菌やウィルスの侵入させないように、酸性の状態にあります。(酸性度には個人差があります。)子宮頸管を通り奥に進むと、アルカリ性が強くなります。

出典:肌らぶ

デリケートで複雑な女性のからだ。普段の膣内は酸性が強く、女のコの染色体であるX染色体が活動しやすい状態です。

2.排卵日が近づくと「アルカリ性」に

排卵日になると、子宮頸管から強いアルカリ性が分泌されて、膣内がアルカリ性に変化します。

出典:肌らぶ

排卵日になると、膣内環境は変化。アルカリ性が強くなり、今度は男のコが生まれる染色体のY染色体が活動しやすい環境になります。

膣内が酸性の状態か、アルカリ性の状態かで、活動的な染色体が異なるということは、そのタイミングを狙って子づくりをすることで、XかYかそれぞれの染色体を卵子に届けやすくできるということ。

排卵日が産み分けに影響する理由は、排卵日が近づくことで膣内の酸・アルカリ状態が変化するため、有利な染色体が異なるからなのです。

排卵日を利用した産み分けの具体例

赤ちゃん

産み分けに挑戦する際のポイントは「排卵日(膣内が酸性かアルカリ性か)」と「X・Yそれぞれの精子の寿命」です。この2つを頭に入れた上で、排卵日から男のコがほしい場合と女のコがほしい場合を考えてみましょう。

排卵日当日: Y染色体が有利→男のコが生まれやすい

排卵日当日か前日のセックスが男のコの産み分けに最適。その理由は、Y染色体の精子を生き残りやすくするために、膣内がアルカリ性に傾いていることと、Y染色体の寿命が短いことです。排卵日当日のセックスが最も効果的とされています。

排卵日2〜3日前: X染色体が有利→女のコがうまれやすい

排卵日数日前の膣内は、普段通りの酸性。ですから酸性に強くアルカリ性に弱いX染色体が有利に活動できるタイミングですので、女のコの産み分けに最適です。とくに排卵日2~3日前は膣内の酸性が強くなると言われていますので、このタイミングで子づくりを行いましょう。

また、X精子は寿命が長いのも特徴。排卵日の2~3日前でも、排卵するまで生き残ることができるのはX染色体なのです。

女性がオーガズムを感じると膣内がよりアルカリ性に

つまり、男のコを望む場合は「女性を満足させるセックス」、女のコを望む場合は女性の膣内が酸性のうちに精子が活動できるよう「素早く短めのセックス」というのも心がけるといいでしょう。

排卵日と産み分け まとめ

排卵日を知り、タイミングを狙って子づくりをすることで、70〜80%産み分けが可能といいます。産み分けを希望する夫婦は、協力し合いながら挑戦してみることもいいと思います。

しかし、100%的中するわけではありませんので、産み分けに挑戦しても、希望の性別とは異なる赤ちゃんができることだってあります。もともと赤ちゃんは“授かりもの”。「希望の性別の赤ちゃんがやってきてくれたらラッキー」くらいの気楽な姿勢が産み分けには重要ですからね。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.