女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

東洋医学的妊活

【妊娠と冷え】妊娠力を低下させる身体の冷えと心の冷え

投稿日:2015年12月2日 更新日:

身体を温める

「冷え症」が身体によくないことは広く知られていますが、不妊にも「冷え」が関わっているのではないかと考えられています。

不妊治療を行っている鍼灸院では、「身体の冷え」が改善する時期と、不妊治療の効果が出て妊娠する時期とがだいたい一致することが多いそうです。

なぜ、「冷え」を改善することが不妊につながるのでしょうか。

「冷え」は、身体の機能を低下させる

東洋医学では、特に病気の自覚がなく、なんとなく調子が悪い状態のことも「半健康症候群」と呼び、エネルギーのバランスが悪い……すなわち健康ではない身体として扱います。

身体のバランスを崩してしまう原因は、東洋医学では感情の乱れである「内因」、寒さや暑さなど環境が要因の「外因」、この2つ以外が原因の「不内外因」の3つに分けています。

この3つの中でも、特に現代の日本人に多いのが「身体の冷え」です。「冷え」は免疫機能を低下させますが、それだけではなく他の機能の衰えも起こさせるのです。

冬の寒い日に、指がかじかんでうまく動かせなくなった経験は誰でもあるかと思います。肩こりや生理痛、目の疲れなどは「冷え」から起こることが多いのです。

そして内臓が冷えた状態がずっと続くと、ホルモンバランスを崩し、子宮や卵巣などの生殖機能を衰えさせていき、やがては卵子や着床に影響を及ぼすのです。

なによりも、手足やお腹が温かいと身体が柔らかくなり、いい気分が持続するようになります。少しでも早く身体の冷えを改善し、温かくてやわらかい、妊娠しやすい身体づくりを行っていきましょう。

身体を温める生活を

現代人は低体温の傾向にあります。特に女性の場合は、平熱が35℃代の人も少なくありません。冷え症の人は、まずは日常生活を見直さなければどんな治療も効果が出にくいのです。

冷え症改善のためには、次の5点に注意しましょう。

(1)規則正しい生活
(2)十分な睡眠
(3)バランスのとれた食事
(4)適度な運動
(5)ストレスを緩和する生活

さらに具体的には下記のようなことに注意しましょう。

・シャワーで済まさずお風呂に入る
・家の中でも靴下を履く
・ミニスカートなど露出の多い服は避ける
・髪の毛はすぐに乾かす
・夏のエアコンは設定温度を高めにする

これらは、少し気をつければ誰でもできることです。妊娠するしないに関わらず、「冷え」を改善することは健康を保つためにとても重要な要素です。いきなり生活を変えるのはストレスが生まれますから、無理のない範囲で行っていきましょう。

身体を温める食材と冷やす食材

日本には四季があり、四季折々の食材が豊富に揃います。全てに当てはまることではありませんが、基本的には「冬に旬を迎える食べ物は身体を温める」「夏に旬を迎える食べ物は身体を冷やす」という作用があります。

身体を温める食材の例は、野菜では人参や大根、かぼちゃなど、香辛料では生姜、コショウ、唐辛子など、あとはひじき、黒豆などの「黒い食べ物」などがあります。

また、東洋医学では水分の摂りすぎは「水毒」と呼ばれ、よくないこととされます。特に冷たい飲み物は身体を冷やすだけではなく、消化器を直撃して消化酵素の働きも弱めてしまいます。過剰な水分の摂りすぎには充分注意してください。

「心の冷え」も不妊につながる

19270870_m

不妊治療では、どうしても女性の心身に負担がかかることが多いです。不安定な気持ちの女性に対してパートナーの理解が足りないと、コミュニケーションがうまくいかなくなり、お互いの心が冷えていきます。

不妊治療を始めたことによって、夫婦仲が悪くなるカップルも少なくありません。女性と男性とでは、妊娠に対する情熱が違うものです。女性はパートナーが不妊治療に関して無関心に見えても、あまり思い詰めずに少しずつ歩みよるようにしましょう。

不妊治療を始めると、排卵日以外のセックスはしなくなるカップルも多いようです。確かにタイミング治療が始まると、排卵日に合わせたセックスが指導されます。しかしそれは、その日以外はセックスしてはいけないということではありません。義務化されたセックスは情熱や快感を奪ってしまいます。

最近の報告により、精子は女性の卵巣が発する熱に向かって泳いでいくということが発見されました。身体が、ひいては卵巣が冷えていると精子はどこに進んでいいか迷ってしまいます。

リラックスした状態のセックスでは、副交感神経の働きによって体内の血流が増え、身体が温まります。女性は心からリラックスしてパートナーとのセックスを楽しむことが、妊娠につながるのです。

【参考資料】
・カラダを温めれば不妊は治る!(徐 大兼 著/インデックスコミュニケーション)

記事監修

アキュラ鍼灸院 徐 大兼(じょ たいけん)院長

徐先生

プロフィール

鍼灸師・不妊カウンセラー。東京・青山で開業しているアキュラ鍼灸院院長。世界で既に数千人の医師が実践する非常に画期的な頭皮鍼療法と伝統的治療を組み合わせた独自の治療法によって多くの難治症例の治療に成功。

現在は不妊鍼灸ネットワークを設立するなど、不妊鍼灸の啓蒙活動を積極的に行っている。著書に『カラダを温めれば不妊は治る!』があるほか、生活総合情報サイト「All About」にて不妊鍼灸ガイドを務める。

ブログ

http://ameblo.jp/acuraclinic/
http://www.facebook.com/acuraclinic

ホームページ・運営サイト

http://www.acuraclinic.com
http://www.premamaplus.com
http://www.kodakara.org

レスポンシブル

A8

-東洋医学的妊活

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.