女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

妊娠高血圧症候群とは?妊娠高血圧症候群の原因は?予防策、症状が出てしまったときの治療・対応策まとめ

投稿日:

妊娠高血圧

「妊娠高血圧症候群」を知っていますか?少し前までは、妊娠中毒症とも言われていましたが、妊娠中、とくに妊娠中期〜後期に発症しやすい症状の一つです。妊娠高血圧症候群とは具体的にどんな症状が出て、どんなリスクのある妊娠トラブルなのでしょうか。原因や予防策、治療についてまとめました。

妊娠高血圧症候群とは?

妊娠高血圧症候群(旧・妊娠中毒症)とは、妊娠後期の妊婦が発症しやすい症状です。高血圧、尿たんぱくが特徴で、妊娠後期の妊婦の20人に1人が発症するといわれています。悪化すると母体や赤ちゃんへのリスクもありますので、放置は危険。早期発見と適切な治療が必要です。

妊娠20週~分娩後12週の間に、高血圧(最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上)がみられる場合、または高血圧に加えて尿たんぱくが出る(1日量が30mg/dl以上)場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。

出典:こそだてハック

急激な体重増加(1週間で0.5キロ増)も妊娠高血圧症候群の危険をはらむとされることもあります。

体重と血圧は検診で産婦人科を訪れる度に必ず測定する内容でもありますが、妊娠高血圧症候群は産婦人科医たちがもっとも注意をはらう妊婦の体調の一つでもあります。

妊娠高血圧症候群の症状は?

妊娠高血圧症候群の症状には以下のことが当てはまります。

1)高血圧

一般的に妊娠中は血圧が高めになりますが、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合、妊娠中でも高血圧といいます。妊娠中の高血圧が危険な理由は、脳出血などを引き起こす原因になることがあるから。また、高血圧が続くと血管内が傷つき、赤ちゃんに十分な血液が届かなくなってしまう可能性もあります。

2)尿たんぱく

尿中に含まれるタンパク質が30mg/dl以上になると陽性になり、妊娠高血圧症候群と判断されます。

出典:ママリ

健康な状態であれば、尿にタンパク質が混ざることはほとんどなく、尿にタンパク質がおりてしまうのは腎臓の機能が低下してる証拠といえます。

3)むくみ

妊娠後期には血液循環が増え(水血症)、むくみが起きやすくなります。朝起きたときにむくみが取れないようなら注意が必要です。

出典:eにんしん

むくみの症状は妊婦の3割以上が発症する症状として、現在は妊娠高血圧症候群から外されています。しかし、身体のむくみがひどいのは、血流に何か異常がある場合が多いです。

一晩休んでもむくみが取れない場合や、軽く押すと痛みを伴うほどのむくみは一度産婦人科で相談し、血圧や尿のチェックをしてもらうといいでしょう。

妊娠高血圧症候群の原因、妊娠高血圧症候群になりやすい人は?

妊娠高血圧症候群の原因は、今のところはっきりと解明されていません。妊娠によるからだの変化にうまく順応できない人が発症するとされており、以前は妊娠後期のつわり(吐き気やめまいなど、つわりと似ているから)とも言われていました。

妊娠高血圧症候群は誰でも発症する症状ですが、中でもなりやすい人は以下のような体質の人といわれています。

  • 肥満、肥満気味の人(体重55キロ以上)
  • 35歳以上で初産の人
  • 妊娠前から血圧が高い人
  • ストレスの多い人
  • 双子など多胎妊娠の人
  • 糖尿病の人
  • 尿や歯の病気がある人
  • 過去に妊娠高血圧症候群だった人

妊娠高血圧症候群の治療は?

妊娠高血圧症候群の治療は、主に「食事療法」がとられることが多いです。それでも改善されない場合は、安静にするために入院したり、薬物治療をすることもあります。

食事療法

高血圧の原因になりやすい塩分は、一日に7~8gまでにし、それ以外の食事内容はBMI値に合ったカロリーの食事量を3回に分けて摂取します

出典:こそだてハック

食事療法で大切なのは、「必要以上に食べない」ことだといいます。ですから極端な制限をするのではなく、バランス良く食べること。塩分が多いと高血圧を招きやすいので、塩分量にも注意が必要です。

安静にする

疲れやストレスを溜めないために、少しゆっくりしましょう。場合によっては入院をすすめられることもあります。

薬物治療

高血圧の治療のために、薬を服用することもあります。つまり、薬による赤ちゃんへの影響よりも高血圧の方が赤ちゃんに悪影響ということ。元気な赤ちゃんを迎えるために、食事や休養など、生活を今一度考え直してみましょう。

血圧をコントロールする薬は妊婦の場合禁忌薬に指定されているものが多く、妊娠を継続させる最終手段として使用されます。

出典:こそだてハック

妊娠高血圧症候群の予防法は?

妊娠高血圧症候群にならないようにするために、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

適度な睡眠をとる

妊娠期間中は何もしていなくても疲れやすい状態です。ですから、疲労やストレスをためないために、しっかりと睡眠をとることが大切です。

食事内容に気をつける

とくに高血圧の原因になる塩分の摂取量には注意をしましょう。

軽い運動を取り入れる

精神状態を健やかに保つためにもからだを動かすことはおすすめです。

妊娠高血圧症候群にならないために

妊娠高血圧症候群にかかる人は少なくありません。しかし、重症化すると母体や赤ちゃんにも影響がでてしまう怖い症状です。

「わたしはきっと大丈夫」と他人事にせず、妊娠後期のめまいや頭痛、吐き気、からだのむくみなどを感じた場合は一度医師に相談してみることをおすすめします。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.