女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠 避妊

排卵日の妊娠確率はどのくらい?妊娠しやすい時期の妊娠確率、妊娠しやすい条件とは?

投稿日:

確率

排卵日や排卵2日前からの数日間を「危険日」「妊娠しやすい日」といいます。排卵日前後の妊娠しやすい時期の性交で、実際に妊娠する確率とはどのくらいなのでしょうか。妊娠しやすい条件とあわせてまとめてみました。

妊娠しやすい日の避妊なしセックスでも妊娠できる確率はたった20〜25%

妊娠しやすいとされる時期は排卵日2日前からの数日間です。その間に避妊せずにセックスしたとして、妊娠する確率は20〜25%程度といわれています。

妊娠の確率は加齢やその人の体調など、様々な要因に左右されるため、 健康な状態でタイミングを測っても妊娠の確率は20~25%。

出典:妊娠お助け隊

妊娠は様々な条件が重なって実現する運命の産物。たとえ排卵日や排卵日の2日前という”絶好”のタイミングでセックスしたとしても、妊娠の可能性はそんなに高いものではありません。さらに、年齢やその時の体調によって妊娠確率はさらに下がるといえます。

年齢別の自然な妊娠確率

妊娠するのに適した時期のことを妊娠適齢期と呼び、最も妊娠するのに適しているのは20代の間とされます。年齢を重ねるごとに、自然妊娠できる確率は減少していきます。

出典:こそだてハック

自然妊娠とは医学的治療を受けないで妊娠することです。葉酸などのサプリや基礎体温をつけるなどしてタイミングを計った場合も、医学的な治療を行ったわけではないので自然妊娠とみなします。

具体的な自然妊娠の確率は次のとおりです。排卵日や排卵日2日前からの妊娠しやすい時期にセックスした場合の妊娠確率は、年齢が上がっていくとともに徐々に下がります。

・20歳〜35歳:20〜25%
・35歳〜39歳:18%
・40歳〜44歳:5%
・45歳〜:1%

妊娠が成立するためには、卵子と精子が出会って受精し、その後子宮内膜に着床しなければいけません。排卵日前後のセックスでは受精の確率は約80%と高いのですが、そこから着床に至る確率は最も高い世代でも20〜25%とそれほど高くはないのです。

女性の社会進出が進み、結婚適齢期は上昇した現代。しかし、上記の数字からもわかる通り妊娠適齢期は相変わらず20代〜30代前半です。晩婚化によって、少子化が進む理由も科学的な根拠があるものと納得出来る数字ではないかと思います。

外出しの妊娠確率は?排卵日前後の状況別妊娠確率

精子

同じ「妊娠しやすい日」のセックスでも、中だし、外だし、ピル服用中などの状況によって妊娠確率は大きく変わります。

膣外射精の場合(外出し)

外出しは避妊ではないため、妊娠確率は比較的高めの18%程度と言われています。「カウパー液に含まれる精子の量では妊娠できない。きちんと外出しができていれば妊娠する可能性はほとんどない。」とする説もありますが、避妊を望む場合は、妊娠しやすい日の外出しは避けたほうが無難でしょう。

外出しの妊娠確率が、「ほとんど0%」から「18%程度」と大きく見解が分かれている理由は、「本当に外出ししたか」は男性にしかわからないからです。「外出しした」と言いながら、実際には間に合わず少し膣内に精子が漏れてしまった場合の妊娠確率は中出しと変わらなくなります。

コンドームを使った場合

コンドームを正しく使った場合は基本的には妊娠はしません(正しく使用すれば90%以上の避妊率)。しかし、使い方を誤っていたり、途中で破けてしまったりした場合は妊娠することがあります。

ピルを服用している場合

妊娠確率を下げる方法として一番効果的なものは、低用量ピルを服用することです。一年間ピルを服用して避妊を続けた場合、妊娠確率は0.1%程度まで下がると言われています。

出典:ママリ

確実に避妊をしたいのなら、コンドームよりもピルのほうが確実です。

Full-moon
女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

タイミング以外の妊娠しやすい条件

禁煙

排卵日前後にセックスをしていたり、年齢も妊娠適齢期。ですが、なかなか妊娠しない人と妊娠しやすい人がいると思います。タイミング以外に妊娠確率を上げる(または下げる)条件とはなんでしょう。

1.婦人科系(生殖)機能

妊娠するためにもっとも重要なのが、卵巣や子宮が健康であることや女性ホルモンが正常に働いていることです。卵巣や子宮に疾患があれば、妊娠の確率は下がってしまいます。婦人科系の病気やホルモンバランスの乱れなどは基礎体温をつけることで自覚することもできるので、妊娠を望む場合にはチェックしてみるといいでしょう。

2.タバコやお酒の習慣

妊娠とタバコは相性がよくありません。タバコは血管を細めてしまったり、体を冷やしてしまったりしますので、喫煙者よりも非喫煙者の方が妊娠しやすいと一般的に言われています。(妊娠中のタバコは早産の危険があるので絶対NGです!)お酒の飲み過ぎも望ましくはないでしょう。

3 ストレス状況

健康な妊娠を望むなら、日常生活の見直しも必要。食生活の乱れや睡眠不足、ストレスフルは生活は妊娠確率を下げる要因の一つです。特に女性ホルモンはストレスと直結。生理周期の乱れの原因にもなってしまいます。

4.体型

あまりに太っていたり、あまりに痩せていたりというのはホルモンバランスが乱れやすく、妊娠確率にも影響があります。無理なダイエットも場合によっては生理を止めてしまったり、妊娠しにくいからだを作ってしまうので注意しましょう。

5.体温(からだを温める)

女性のからだは冷えやすいもの。しかし、からだを冷やしてしまうことは妊娠確率を下げてしまう行為です。特に腰回りを意識して温めて上げることは大切。以下の行動はからだを冷やしてしまうので、妊娠を望む場合には避けるのが無難でしょう。次のような習慣がないか確認してみましょう。

・シャワー入浴
・カフェインの過剰摂取
・靴下を履かない
・水分の過剰摂取
・冷たい飲み物・食べ物

排卵日、排卵日前後の妊娠確率 まとめ

もっとも妊娠しやすい時期かつ、もっとも妊娠しやすい年齢でも、自然妊娠の可能性は20〜25%とあまり高くないことがわかったと思います。

それでもすぐに妊娠する人や妊娠しやすい人がいるのも事実。その妊娠しやすい人というのは、特別な努力をしすぎていない人のようにも感じます。それと、排卵日前後でなくとも妊娠確率はゼロではないということも、忘れないでくださいね。

レスポンシブル

A8

-妊娠, 避妊
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.