女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

妊娠検査薬はいつから反応が出る?フライング検査はいつから可能?早期妊娠検査薬とは?

投稿日:

妊娠検査薬

「妊娠したかも」という場合、多くの人がまず手に取るのが妊娠検査薬。さてこの妊娠検査薬、いつから反応が出るのでしょう。「フライング検査」という言葉をよくききますが、いつがフライングで、フライングの場合の正確性はどれくらいでしょう。妊娠検査薬の仕組みと大体いつから反応を見られるのかをまとめました。

妊娠検査薬について

医師も信頼する99%以上の正確性

妊娠検査薬とは、自分で簡単に妊娠しているかどうかを確かめることのできるスティック状の検査器。正しく使用すれば、99%以上の正確性があることから、初めて産婦人科を受診したときなどにも「検査薬は使用されましたか?」と聞かれ、医師がその情報を頼りにすることも多いです。

妊娠検査薬はどこで手に入る?(値段、種類)

妊娠検査薬は薬局やネットのショッピングサイトで気軽に購入することができます。

妊娠検査薬って形や性能はどこのメーカーも、それほど変わらないと言われています。

出典:るりいろたいむ

様々なメーカーから販売されていますが、値段もそんなに変わりません。おすすめは2本セットの購入。値段も割安ですし、恐らく1度検査したあとに、陽性反応でも陰性反応でも確信を得るために「もう一度やってみよう…」という気持ちになる人が多いのではないかと思います。

妊娠検査薬で反応が出る仕組みは?

妊娠検査薬は、先端部分に尿をかけてキャップをし、水平なところにおいて少し待ち、反応をみます。尿は1日のうちのいつのタイミングでもOKです。尿をかける理由は以下の通りです。

妊娠検査薬とは、妊娠の有無を判定する目的で、尿中のhCG(妊娠中に分泌されるホルモン)を検出する試薬です。

出典:こそだてハック

受精卵が子宮に着床してから、子宮内の胎盤を作る絨毛と呼ばれる組織からhCGが分泌され始めます。hCGは次第に分泌量が増えていき、妊娠2~3か月ごろに最も増えると言われ、分泌後3~4日ほどで尿に排出され始めます。

出典:ヘルスケア大学

妊娠した場合には、黄体ホルモンの分泌が継続されます。その分泌を促すのがhGGホルモンと呼ばれるもの。妊娠検査薬は妊娠した場合のみ分泌されるこのホルモンの量(有無)を測る検査キットです。

妊娠検査薬の反応の見方

妊娠検査薬

・妊娠している場合(陽性反応)

ふたつの窓にラインがあらわれます。

・妊娠していなかった場合(陰性反応)

片方の窓(コントロールラインと呼ばれる先端から遠い方のまど)にのみ線があらわれます。

・無効

どちらの窓にもライン等あらわれず、何の状態もありません。(尿の量が十分でなかったりした場合に起こります。もう一度検査をしましょう)

妊娠検査薬はいつから使えるの?

妊娠検査薬は、尿をかけて尿中のhGGホルモンに反応する検査薬です。大抵の人が生理が遅れたことにより、「妊娠したかも?」と疑い、検査薬の使用を検討します。ではこの妊娠検査薬は、いつから使用(反応がでる)のでしょうか。

妊娠検査薬に反応が出る時期は生理予定日の1週間後

尿内のhCGの濃度が基準値に達するスピードは、個人差があります。早い場合は、次の生理予定日の数日前から検出可能ですが、より精度が高い判定を得られるのは、hCGが増える次の生理予定日の1週間後になります。

出典:ヘルスケア大学

妊娠検査薬の外箱を確認すると、「生理開始予定日⚫︎日から使える」という記載があります。「生理予定日の1週間後」とあるものが多い気がします。

妊娠検査薬のフライング検査とは?

妊娠検査薬をいつから使用していいのかという目安は、上記のとおり。それ以前に検査薬を使用することを「フライング検査」と呼んだりします。妊娠かも?と思ったら、1日でも早く反応を知りたいもの。

フライング検査をする人はたくさんいます。実際に、いつ頃から反応がでたのかという以下のような調査があります。

・1位(48.3%):妊娠3週目 生理1週間前~予定日
・2位(41.1%):妊娠4週目 生理予定日~6日目
・3位(6.7%) :妊娠5週目 生理予定日1~2週間目

出典:妊娠検査薬で陽性が出たのはいつ頃?

みなさん結構前からチェックをしているということになりますね。ちなみに筆者は生理予定日の2日前に検査薬を使用し、陽性反応のラインを確認しました(メーカーは忘れてしまいました)。

メーカーによって反応の出方はやや異なるという話も聞きます。フライングで検査をしたい場合は、まわりの妊娠検査薬使用経験者に話を聞くというのもいいですね。

フライング検査の反応は後々変わる?

さて、妊娠検査薬のフライング検査でも多くの人に妊娠反応が出ていることがわかりました。しかし、hGGホルモンの分泌量は人によって異なります。「生理予定日の1週間前にフライング検査をして陰性でも、まだ生理が遅れていたのでもう一度検査をしたら陽性だった」というのは結構あります。

また、フライング検査では、陽性反応のラインがとても薄く出ることもあります。ですから、反応とは気がつかない人もいます。

フライングでも反応はあらわれるとはいえ、やはり一般的な妊娠検査薬は「生理予定日の1週間後」というのが目安です。

受精卵が着床してから、3~4日くらいで尿にhCGが出始めます。早ければ、次の生理が始まる予定日の数日前から検出できますが、きちんと検出するには、hCGホルモンが増える次の生理予定日の1週間後が目安。

出典:プレママタウン

どうしても早く知りたい人は早期妊娠検査薬を使う

最近では、hGGホルモンに対する感度の高い「早期妊娠検査薬」もあります。早期妊娠検査薬は一般的なタイプのものより1週間早く(生理予定日当日くらい)から使用が可能になります。いち早く妊娠反応を確かめたいという人は薬局などでこちらを探してみるといいでしょう。

check-one-fast
画像出典:株式会社アクラス 早期妊娠検査薬の一つ、チェックワンファスト

妊娠検査薬の使用法で注意したいこと

1)フライング検査の正確性は99%ではない

一般的な妊娠検査薬の正確性は、外箱に書いてある使用目安の範囲で使用したときの数値。ですからフライング検査の結果の正確性は99%ではありません。

フライング検査でも多くの人が確かな結果を得ているというのも事実ですが、期待しすぎず「参考」として捉えた方がいいでしょう。その理由は「化学流産」でがっかりしてしまうこともあるからです。

フライング検査で陽性反応が出ても、その後着床が続かず流れ、生理様の出血が起こるケースがあります。これは「化学流産」と呼ばれ、昔はそれとは気づかないものでしたが、フライング検査で事前に陽性反応が出るため、気付いてしまうケースが出てきました。

出典:M3Q

2) 蒸発線と陽性のラインを見間違えることも

「蒸発線」と呼ばれるものがあります。これは、妊娠検査薬で一度は反応が出なかったものの、時間をあけたらうっすら線が浮き出てくるという現象。一度検査結果が出た検査薬で、後々になって反応があわられるということはまずありません。そのような場合はもう一度新しい検査薬で検査することをおすすめします。

まとめ

妊娠しているかどうかを待っている期間というのは本当にどきどき。妊娠を望む人なら、一刻も早く結果を知りたいと思うものだと思います。妊娠検査薬は「妊娠したかな?」と思い始める生理前〜生理予定日1週間頃から使用できるものがたくさん。同封されている使用説明書をしっかり読んで使ってみてくださいね。

ただ、焦りすぎは禁物。フライングで試してみる場合は、誤差のリスクも頭に入れておきましょうね。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.