女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠

「妊婦は温泉に入ってはいけない」は本当?温泉が妊娠中のからだに与える影響や注意点とは?

投稿日:

温泉

「妊娠中に温泉には入らないほうがいい」という話をきいたことがありますか?少し前までたいていどこの温泉施設にも「妊娠中の入浴は避ける」と掲示があり、妊婦が温泉に入ることをNGとしていました。

妊婦が温泉に入ってはいけないというのはどうしてなのでしょうか。温泉が妊娠中のからだに与える影響や、妊婦が温泉に入るときの注意点などをまとめました。

妊婦は温泉に入いってはいけない?

温泉に入っている妊婦さんをあまり見かけませんよね?それは日本に「妊婦は温泉に入ってはダメ」「妊婦は温泉に入らないほうがいい」という考えが浸透しているからでしょう。

その背景は、1982年に環境省が定めた「温泉施設に関する注意書きと効能」に「妊娠中の温泉への入浴を避けるべき」という記載があったこと。しかし2014年に温泉法は見直しがはかられています。

2014年7月1日、32年ぶりに温泉法が改正され、温泉入浴を避けるべき者の項目から“妊婦”が削除されました。これまではずっと温泉の注意書きの掲示内容に“妊婦(特に初期と末期)”と明示されていたことで、妊娠中は温泉に入ることがタブーとされていたのです。

出典:マーミー

「妊婦が温泉に入ってはいけない」は今となっては間違った認識です。からだが疲れやすい妊娠期間中も、温泉に癒しを求めてOKなのです。

妊婦が温泉NGだったのはなぜ?

なんかあったときのための責任回避的な意味合いが強いと思われます。
温泉の成分がどうこうというよりも、心配なのは「のぼせ」と「ケガ」ですね。

出典:妊娠と温泉

「妊婦が温泉に入らないほうがいい」とされてきた背景には、法律で注意を促す文言が入っていたことがあります。しかし、これは温泉そのものの効能が妊婦や胎児に影響するということを明文化したものではなく、妊婦の体調を考慮した配慮だったと考えられます。

<妊婦に温泉が推奨されていなかった背景>

1)妊婦は体調が万全でないことが多く(特に初期)のぼせや貧血のリスクが高かった
2)妊婦はお腹が重く、湯船に長時間つかりがちでのぼせのリスクが高かった
3)妊婦はお腹が大きく、からだのバランスを普段よりも取りづらいので、転倒のリスクが高かった

妊娠中の温泉が認められるようになった背景は?

“医学的にも泉質が妊婦や胎児に影響することもないことがわかり、妊婦さんも温泉の入浴がOKとなりました。

出典:マーミー

妊婦に温泉がNGとされていたのには、科学的・医学的な根拠があることが理由ではありませんでした。つまり、妊婦への配慮の意味合いが強かったのです。温泉そのものには危険性がないため、「妊娠中は入浴を避けるべき」という規定が削除されたのです。

妊婦が温泉に入るときの注意点は?

妊娠期間中だって温泉に入っても大丈夫。温泉が胎児になんらかの影響を及ぼすことや、感染症などは無用の心配ということです。しかし、妊娠期間中は普段よりも少し気をつけたほうがいいことがあるのも事実。温泉に楽しく入るために、以下のポイントを留意してみてください。

1)のぼせないように注意

からだがなんとなく怠い妊娠期間中はつい長湯をしてしまいがち。ですが、のぼせには注意をしてください。また、お風呂上りの水分補給も十分におこないましょう。

2)転ばないように注意

温泉施設内は滑りやすくなっていることが多いです。特に妊娠初期の体調が安定しない時期やお腹が大きくなっている後期は転倒に注意したい時期。足元には細心の注意をはらいましょう。

3)単純泉がおすすめ

温泉浴には、刺激の少ない『単純温泉』が良いでしょう。中でも「弱アルカリ性単純泉」は、古い角質を分解し、すべすべの肌を作る『美肌の湯』とも呼ばれます。

出典:TOPICS FARO

妊娠期間は肌が敏感になっていることが多いので刺激の少ない温泉がより良いでしょう。単純泉で有名なのは箱根。家族風呂などを利用するのもおすすめです。

妊娠中の温泉 まとめ

妊婦は温泉に入ってはいけない、妊娠中に温泉に入ると胎児に影響するというのは、科学的・医学的な根拠があることではありませんでした。しかし、妊娠期間中は心とからだが不安定な時期。からだと相談して、無理なく楽しめるかどうかをしっかり自分で判断してくださいね。

レスポンシブル

A8

-妊娠
-

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.