女性のこと。妊娠・避妊・生理痛・生理不順

Full-moon

妊娠 生理痛

生理痛と妊娠時の痛みの違いは何?妊娠超初期の生理痛のような痛みの原因は?

投稿日:

生理痛

「生理前の腹痛だと思ったら妊娠初期症状だった」という話や、「妊娠初期に生理痛のような痛みがある」という話を聞いたことはありますか?

今回は、妊娠超初期症状の生理痛のような痛みについて、症状や原因、生理前に感じる腹痛との違いについて紹介します。

生理前の腹痛と妊娠初期症状の違い

腹痛や生理痛のような痛みを生理前に感じる人は多いもの。このような下腹部痛で「そろそろ生理かも」と予測する人もいますよね。一方で、妊娠していたときも、その初期症状として下腹部痛が起こるのを知っている人はそんなに多くないように思います。

また、妊娠初期症状はPMSと同じ時期に現れるものであるため、生理の前兆と勘違いする人も多いようです。

超妊娠初期ならではの兆候にすぐ気付かれる方もいますが、大抵は超妊娠初期の兆候が生理痛の症状と似通っている面も多いため、妊娠していることに気付きにくいものです。

出典:妊娠育児の情報マガジン ココマガ

妊娠時でも生理前でも、生理痛のような下腹部痛が起こります。しかし、妊娠の腹痛と、生理前の腹痛は原因が全く異なり、よく注意すると痛みの種類も異なるといわれています。

生理前の腹痛・生理痛の原因とは?

子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンという成分が腹痛の原因です。生理前になるとプロスタグランジンが多量に分泌され、子宮収縮を促し、経血を体の外に排出します。

出典:こそだてハック

生理前の腹痛や生理痛は、生理周期にあわせて分泌されるプロスタグランジンが原因。子宮を収縮させ子宮内のいらない血液を体外に出すのをスムーズにする役割があり、女性の生理に不可欠なホルモンだといえます。

一方で、腹痛や頭痛、だるさの原因にもなると言われており、プロスタグランジンの分泌が多い人ほど生理痛は重くなります。

妊娠初期の腹痛の原因

妊娠の腹痛の場合、痛みの種類が少し異なると言われています。実際、筆者は普段の生理前にほとんど腹痛も生理中の腹痛も感じないのですが、妊娠時のみ下腹部に違和感を感じました(痛みというより、違和感)。

妊娠初期の下腹部痛や下腹部の違和感の原因は以下のようなことが言われています。

妊娠初期に、腹痛やお腹が引っ張られる感覚を覚える妊婦さんは多いようです。こうした感覚は、妊娠することで子宮が大きくなろうとするため、起こる症状と考えられます。

出典:妊娠育児の情報マガジン ココマガ

妊娠をすることで、子宮に送り込まれる血液量が変わったり、そもそも子宮が大きくなろうとしていたり、初期から様々な変化が起こります。ですから、妊娠した場合の下腹部の違和感は自然なものだそうです。

筆者のまわりには、着床する時期に「チクチクした痛みがあった」という人や、「お腹が膨らむような感じがした」という人もいます。また、妊娠継続のために多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響でお腹がひどく痛む人や下痢になる人もいるようです。

妊娠時のお腹の痛みは心配ないの?

妊娠をすることで子宮をとりまく環境が変わります。ですから、一時的な違和感や痛みは心配しなくてもよいものでしょう。しかし、痛みが長く続く場合は流産や他の病気が隠れている可能性もあるといいます。特に出血があった場合や基礎体温が下降している場合などは、早めに病院を受診するといいでしょう。

<病院を受診したほうがいいケース>

  • 痛みが継続している
  • ズキズキと強い痛みがある
  • ぎゅーっと強く締め付けられるような痛みがある
  • うずくまってしまうほどの痛みがある
  • 出血があった
  • 基礎体温が低下している

生理痛と妊娠の腹痛 まとめ

生理痛と妊娠の腹痛は似て非なるもの。タイミングこそかぶることが多いですが、原因が全く異なりますし、痛みの種類も違うことが多いのです。

生理前と同じような症状というと見落としがちであるのも事実ですが、妊娠を気にしている人なら「あれ?いつもと違うかも」と気付けるのでは?

「いつもと何かが違うかも」と感じたら、からだの調子や基礎体温など、総合的に自分を判断してあげてくださいね。

レスポンシブル

A8

-妊娠, 生理痛

Copyright© Full-moon , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.